カテゴリー
2018年F1情報 イギリスGP スペインGP ニュース ピレリ フランスGP メルセデスAMG F1

メルセデスの要請でピレリがタイヤ仕様を変更 ライバルは不快感

F1公式タイヤサプライヤーであるピレリがメルセデスからの要請に基づいて2018年用タイヤの設計仕様を手直しすることになると報じられている。

■ピレリにタイヤ仕様手直しを求めたメルセデス

ドイツの『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』によれば、今年の2月下旬から3月上旬にかけてスペインのバルセロナで行われたF1公式シーズン前テストを経て、4年連続F1チャンピオンチームとなったメルセデスがピレリに対してタイヤの仕様変更を求めていたようだ。

その理由は各チームのタイヤに極めて多くのブリスターが発生したためだという。ブリスターとはタイヤの熱が上がり過ぎたときにタイヤ表面に発生する気泡のことだ。当然ながらブリスターが発生すればタイヤが本来のグリップを発揮することはできなくなる。

■再舗装サーキットではブリスター発生リスクが増大

本来まだ気温が低い時期に行われるバルセロナテストでそれほどブリスターが発生することは考えにくいのだが、2018年仕様ドライタイヤが昨年のものよりも一段階ずつ軟らかめに設計されていることや、バルセロナ-カタルーニャ・サーキットが全面再舗装されて路面状態が昨年とは大きく変わっていたことにより想定以上のブリスターが発生したものだと考えられている。

ピレリのレース責任者であるマリオ・イゾラも、今回のブリスター発生にはバルセロナの路面の影響が大きかったのだと認め、次のように語った。

「新しいアスファルトは黒くてなめらかであり、これまでよりも高いグリップを発生する。これがオーバーヒートを引き起こす原因となるんだ」

メルセデスではピレリに対し、その問題の解決策としてバルセロナのようなサーキットに持ち込まれるタイヤに関してはラバー層の厚みを減らすことが有効ではないかと提案したのだという。

■今後数か所で別仕様タイヤを供給

これに関して、イゾラは次のように付け加えた。

「いずれにせよ、我々はそうしていただろう」

『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』によれば、ピレリは今後バルセロナ(スペインGP/5月13日決勝)、ポール・リカール(フランスGP/6月24日決勝)、シルバーストン(イギリスGP/7月8日決勝)といった最近路面の再舗装が行われたサーキットには通常のタイヤよりもラバー層の厚みを0.4mm薄くしたものを持ち込むことになるようだ。

そして、これによって車重は1kgほど軽くなると見られている。

■今回の仕様変更は緊急的安全対策として実施

現在のルールでは、ピレリがシーズン中にタイヤの設計仕様を変更する場合には全F1チームのうち70%以上がそれに同意することが必要だとされている。

だが、今回ピレリは緊急的な安全対策という名目でこの仕様変更に踏み切ることになるという。

■不快感を示すライバルチームたち

だが、メルセデスの要請に基づいてピレリがタイヤの仕様を変更することについてライバルチームの中には快く思っていないところもあるようだ。

マクラーレンの関係者はこの件について次のように語っている。

「我々にはブリスターの問題はないよ」

また、レッドブルのダニエル・リカルドも次のようにコメントしている。

「僕たちのクルマはメルセデスよりもタイヤにやさしいんだ」

さらに、あるチームの代表は次のように不快感を表明したという。

「メルセデスが問題を抱えたからといってどうしてタイヤを変えなくてはならないんだい?」

カテゴリー
2018年F1情報 アゼルバイジャンGP アブダビGP アメリカGP イギリスGP イタリアGP オーストラリアGP オーストリアGP カナダGP シンガポールGP スペインGP ドイツGP ニュース ハンガリーGP バーレーンGP フランスGP ブラジルGP ベルギーGP メキシコGP モナコGP ロシアGP F1 FIA 日本GP 中国GP

【F1】2018年開催カレンダー発表・・・史上最多21戦、6週間で5GP、“危険”なF1ブラジルGPに安全対策改善を要請

FIA(国際自動車連盟)は2018年F1カレンダーを発表した。F1史上最多の年間21戦開催、初の3週連続開催、フランスGPとドイツGPが復活となった。

■F1史上最多の年間21戦開催

6日、FIAは世界モータースポーツ評議会(The World Motor Sport Council)にて2018年のF1カレンダーを正式に決定した。これまでも「20戦は多すぎる」という声も出ていたが、2018年はF1史上最多となる年間21戦開催が正式に決定した。

また、すでに2017年限りでF1開催終了を決定していたF1マレーシアGPがカレンダーから外れ、F1フランスGPとF1ドイツGPが復活している。F1アメリカGPについてはアメリカ自動車連盟の承認が必要という条件付きになっている。

大きな開催日変更としてはF1ロシアGPが4月から9月へ、F1アゼルバイジャンGPが6月から4月へと変更されている。

F1日本GPは、第17戦として10月7日の3連休での開催だ。

■初の3週連続開催・・・6週間で5グランプリ

過密スケジュールとなっているのは6月末から7月末だ。6週間で5グランプリが開催され、初の3週連続開催も含まれている。

初の3週連続開催は6月24日のF1フランスGP、7月1日のF1オーストリアGP、7月8日のF1イギリスGPとなり、その後1週間の休みを経て、7月22日にF1ドイツGP、7月29日にF1ハンガリーGPも2週連続開催の過密スケジュールとなる。

■“危険”なF1ブラジルGPに安全対策を要請

また、今年起こったF1ブラジルGPでの危険な事件について、新たな安全対策が具体的に“強く要請”されている。

その危険な事件とは、メルセデスAMGのメンバーがサーキットを離れる際、路上で銃を突き付けられ強盗被害にあった件だ。インテルラゴス・サーキットのあるサンパウロでは、過去にもこのような事件が報告されている。

今回FIAからの要請では、イベント運営での安全対策を担うプロモーターに対して、独立したセキュリティ専門家が安全対策計画を評価し助言することを推奨しており、サーキットに派出所のような警察の拠点を設置することで、F1関係者と警察との関係性の強化し、安全対策の改善を要請している。

■【正式版】2018年F1カレンダー

3/25

オーストラリア

メルボルン

4/8

バーレーン

バーレーン

4/15

中国

上海

4/29

アゼルバイジャン

バクー

5/13

スペイン

バルセロナ

5/27

モナコ

モンテカルロ

6/10

カナダ

モントリオール

6/24

フランス

ル・カステレ

7/1

オーストリア

スピールバーグ

7/8

イギリス

シルバーストーン

7/22

ドイツ

ホッケンハイム

7/29

ハンガリー

ブダペスト

8/26

ベルギー

スパ-フランコルシャン

9/2

イタリア

モンツァ

9/16

シンガポール

シンガポール

9/30

ロシア

ソチ

10/7

日本

鈴鹿

10/21

アメリカ

オースティン*

10/28

メキシコ

メキシコシティ

11/11

ブラジル

サンパウロ

11/25

UAE

アブダビ

*アメリカGP=アメリカ自動車連盟の要承認

カテゴリー
2017年F1情報 イギリスGP キミ・ライコネン ニュース ピレリ フェラーリ F1

F1タイヤサプライヤーがライコネンのトラブルに関する調査結果を発表

F1公式タイヤサプライヤーであるピレリが、今季のF1第10戦として行われた前戦F1イギリスGP決勝終盤に発生したキミ・ライコネン(フェラーリ)の左フロントタイヤのパンクについての最終調査結果を発表した。それによれば、タイヤ自体には何も問題が発見されなかったという。

■初期調査では不明だったライコネンのパンク原因

イギリスGP決勝では、フェラーリのチームメートであるセバスチャン・ベッテルのタイヤもパンクを起こし、これによってベッテルが大きく順位を下げるというアクシデントが発生していた。そしてこのベッテルのトラブルに関しては、徐々にタイヤの空気が抜けてしまうスローパンクチャーを起こしていたことがその原因であったことが調査の結果明らかとなっていた。

だが、同様のパンクに見舞われたライコネンのソフトタイヤに関しては最初の調査では具体的な原因が特定できず、さらに調査が継続されることになっていた。

そしてピレリが26日(水)に発表した声明によれば、ライコネンがそのとき履いていたソフトタイヤには内部に施されたベルトの端2か所が明らかなダメージを負っていたことが明らかになったという。

■直接原因は外部物質との接触

ピレリは声明の中でそのダメージについて次のように説明している。

「このダメージはタイヤのほかのどの部分にも見られなかったうえ、ベルトや構造自体に披露を示す兆候は見られなかった。このダメージのそもそもの原因は外部の物体との接触であったと考えれば矛盾がない。それによりカーカス(タイヤ全体の形状を維持するための構造物)からベルトが部分的にかい離してしまったものだ。これらの2か所のうち1か所では、当然の帰結としてトレッドの一部もはがれてしまっていた」

「しかしながら、このダメージによってタイヤの構造そのものが損なわれることはなく、ライコネンはエアが入ったままの状態のタイヤで安全にピットに戻ることができていた」

「その後、イギリスGPでライコネンが使用したセットと比較して同等かそれ以上の距離を走行した上位ドライバーたちのタイヤを用いて、破壊テストなどを含めて何度も詳細なテストが繰り返された。しかしいずれのタイヤにも疲労やはがれ、損傷などは見つからず、タイヤの構造に影響を与える可能性がありそうな兆候さえも見当たらなかった」

「結論として、ピレリはタイヤに関連する問題は何も認められなかったと確認することができる」

■偶然だったフェラーリのタイヤトラブル

イギリスGP決勝では終盤にフェラーリの2台がいずれもソフトタイヤで走行していた。だが。2台ともに同じ左フロントタイヤがパンクするというアクシデントが発生していたことから、その調査結果に注目が集まっていた。

実際に、ライコネンの左フロントタイヤが何とぶつかったことでダメージを受けたのかまでは特定できていないようだが、同じようなタイミングでベッテルとライコネンにタイヤトラブルが発生していたのは、ピレリの見解によれば偶然の出来事だったということになりそうだ。

カテゴリー
2017年F1情報 イギリスGP キミ・ライコネン セバスチャン・ベッテル ニュース ピレリ フェラーリ F1

フェラーリのタイヤトラブルについてピレリが調査結果を発表、直接の原因はいまだ不明

ピレリが、F1第10戦イギリスGPで発生したフェラーリタイヤのトラブルについて調査結果を発表した。

イギリスGPでは、レース終盤にフェラーリのキミ・ライコネンとセバスチャン・ベッテルが相次いでタイヤのトラブルに見舞われ、緊急ピットインをよぎなくされていた。

これについてピレリは21日(金)に声明を出し、ベッテルのタイヤについては、徐々に空気が抜けるスローパンクチャーを起こしていたことが判明したと発表した。

しかし、ベッテルのタイヤがそもそもなぜスローパンクチャーを起こしたのかについては触れていない。また、ライコネンのトラブルについてはさらなる分析が必要だとしている。

■ピレリの声明

「ピレリは、セバスチャン・ベッテルのダメージを負った左フロントのP ZEROイエロー・ソフトタイヤについて分析を完了した。このトラブルはイギリスGPの残り2周で発生した」

「日曜の午後にも明らかだったが、完全な調査によって、トラブルの原因がスローパンクチャーだったことが確認された。その後、空気が抜け、やがて完全につぶれたタイヤでピットまで走行したことによって、最終的な破損につながった」

「キミ・ライコネンのダメージを負ったタイヤに関しては、何が起きたかを示す証拠が少ない。そのため、さらなるテストや分析がピレリの研究室と屋内テスト施設で継続されている。最終的な結論に達するには、あと数日かかる見込みだ」

カテゴリー
2017年F1情報 イギリスGP セバスチャン・ベッテル トト・ヴォルフ ニキ・ラウダ ニュース フェラーリ メルセデスAMG F1

厳しい状況に置かれたフェラーリ 再びゼロからのスタートに

今シーズン序盤に見せていた勢いを失ってきた感のあるフェラーリだが、地元イタリアのメディアも今後に向けて不安を感じていることを隠していない。

■モナコを最後に優勝から見放されたフェラーリ

第6戦モナコGPでは1-2フィニッシュを決めるなど、それまでメルセデスAMGに対して明らかにリードを保っていたフェラーリだが、第7戦カナダGP以降は1勝もできず、表彰台に上ったのも第9戦オーストリアGPでセバスチャン・ベッテルが2位、前戦第10戦イギリスGPでキミ・ライコネンが3位となっただけとなっている。

イギリスGPでは2台とも終盤にフロントタイヤがパンクするという事態となり、メルセデスAMGに今季2度目の1-2フィニッシュを許し、ドライバーズランキングでは辛うじてベッテルが首位を守ったものの、ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)とのギャップはわずか1ポイントに縮まってきている。

■今後に悲観的なイタリアメディア

イタリアの『La Gazzetta dello Sport(ガゼッタ・デロ・スポルト)』は、イギリスGPを終えて次のように書いている。

「フェラーリの敗北は今季最悪のものだった」

「フェラーリはイギリスGPが恐らくはメルセデスAMG優位となる分岐点だったのではないかとの不安を抱えながら母国へ戻ってきた。最近の3レースは困難なものだった。だが、今後に向けて不安が増大している」

さらに、同じイタリアの『Corriere dello Sport(コリエーレ・デロ・スポルト)』も同意見だ。

「フェラーリはいい状態ではなくなっている」

「メルセデスAMGがトラブルを克服する一方で、フェラーリのパフォーマンスは徐々に弱まってきている。マラネロ(フェラーリ)は再びゼロから出発しなくてはならない」

■フェラーリはイギリスでギャンブルに失敗したとラウダ

メルセデスAMGの非常勤会長を務める伝説的元F1ドライバーのニキ・ラウダは、イギリスGPが開催されたシルバーストンでフェラーリがあまりにもピレリタイヤに依存し過ぎるという戦略的ミスを犯したことでチャンスを逃してしまったのだと考えている。

「彼らは最後まであのタイヤ(ソフトタイヤ)でいこうとしたが、それが失敗だったんだ。それがうまくいかないことは予見できていたことだ」

フィンランドの『Ilta-Sanomat(イルタ・サノマット)』にそう語ったラウダは『Bild(ビルト)』にも次のように語っている。

「これ(イギリスGP)は私に言わせればターニング・ポイントだったよ。我々はとにかく懸命に頑張ってきたからね」

■ストレートでのパフォーマンス差が大きいとベッテル

ベッテルは、最近は予選でメルセデスAMGのペースに付いていけなくなっていることが最大の心配事だと次のように語った。

「彼らはストレートで僕らよりもコンマ3秒から6秒速いんだ。そして僕たちにはそれができていない」

「僕たちもそれに取り組んでいるよ。だけど、一夜のうちに達成できるようなものじゃないんだ」

ドイツのメディアはイギリスGPを失望のうちに終えたベッテルが多くのテレビ局のインタビューを拒否するなど、かなり動揺しているのは確かだと見ている。

■フェラーリ失速の要因は?

イタリアの『Corriere della Sera(コリエーレ・デラ・セラ)』は、第7戦以降フェラーリが失速してしまったのは、F1統括団体であるFIA(国際自動車連盟)が燃料にオイルを混入していないかどうかのチェックを厳しくしたことや、最近フェラーリのクルマに設けられていたフレキシブルフロア(走行中に一定の変形を生じるフロア)を禁止したことが大きく響いているようだと考えている。

■まだ安心はできないとメルセデスのボス

ともあれ、F1関係者やメディアの中にはやはり今年もメルセデスAMGがタイトル獲得最有力候補の座に返り咲いたことは間違いないと考えている者が多い。

しかし、メルセデスAMGを率いるトト・ヴォルフ(エグゼクティブディレクター)は、まだ安心するのは早いと次のように主張した。

「今はみんなそう言っているが、次のレースに臨んだときにそこでショックを受けることもあるものさ」

カテゴリー
2017年F1情報 イギリスGP ニュース ビジェイ・マリヤ フォース・インディア F1

フォース・インディアを売却するつもりはないとオーナーのマリヤ

フォース・インディアの共同オーナー兼チーム代表のビジェイ・マリヤが、チームを売却することなど考えていないと主張した。

■母国で法的問題を抱えるマリヤ

インド出身の元大富豪として知られるマリヤだが、自身が設立したキング・フィッシャー航空の破たんなどにより大きな負債を抱え、インド国内で訴訟を起こされている。

現在、マリヤはパスポートもイギリス当局から没収されており、現在居住しているイギリスから国外へ出ることができない状態だ。そのため、F1レースの現場にも顔を出すことができないマリヤだが、先週末にF1イギリスGPが開催されたシルバーストンには久々にその姿を見せていた。

フォース・インディアに関しては、今後チーム名称の変更が予定されていると報じられているが、同時にマリヤがチームを売却するつもりではないかとのうわさもささやかれている。

■チーム売却は考えていない

だが、シルバーストンでそのことについて質問を受けたマリヤは、『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』に次のように答えた。

「そうした交渉は行われていない」

「10年にわたって我々は尊敬を集め、成功を収めてきた。私は今後もそれを楽しみたいと思っている」

さらに、マリヤは現在自分が置かれている母国インドでの法的問題から逃げるつもりはないと次のように主張した。

「インドにおける自分の責任に向き合っていくつもりだ。だが、これまでのところは申し立てが行われているだけで、確かな証拠などひとつもないんだ」

「だが、チームは私がいなくても生き残っていくだろう。だから、私は枕を高くして眠れるよ。フォース・インディアがいい位置にいるのは分かっているからね」とマリヤは付け加えた。

カテゴリー
2017年F1情報 イギリスGP セルジオ・マルキオンネ ニュース フェラーリ マウリツィオ・アリバベーネ F1

即座に反撃せよとフェラーリ会長

フェラーリ会長のセルジオ・マルキオンネが、先週末に行われた今季のF1第10戦イギリスGPの結果を受けてチームを鼓舞したと伝えられている。

シルバーストンで行われたイギリスGPでは宿敵メルセデスAMGに1-2フィニッシュを許し、7位に終わったセバスチャン・ベッテルは辛うじてドライバーズランキングトップの座を守ったものの、優勝したルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)にわずか1ポイント差に詰め寄られてしまった。

さらに、コンストラクターズタイトル争いでは、メルセデスAMGとのギャップが55ポイントにまで広がってしまっている。

シーズン序盤こそ勢いを見せていたフェラーリだが、現時点ではやはり今季もメルセデスAMGが最終的にタイトルを獲得するだろうとの見方が強くなってきている。

■すぐに反撃に転ずる必要があるとフェラーリ会長

マルキオンネはフェラーリに向けて行ったスピーチの中で次のように語った。

「このチームがモンテカルロ(モナコGP)やシーズン開始時と同じチームであることは分かっている」

「今回の結果を嘆いてばかりはいられないし、私は即座に対応することを期待している。我々のライバルが非常に強く、何年にもわたって最強の座にあったことは分かっていたことだ」

「だが、私は我々がかつての位置に復帰できると確信している」

■フェラーリはチャンスを生かしきれなかった

だが、かつてベネトンとルノーでチーム代表を務めていたフラビオ・ブリアトーレは、フェラーリには今年もメルセデスAMGを倒す力はないだろうと次のように語った。

「残念ながら、メルセデスAMGがシーズン序盤に問題を抱えていたときに、それをフェラーリがもっとうまく利用できていたらよりよいチャンスがあっただろうと思う」

「メルセデスAMGは困難を抱えていたが、今ではそれがリセットされてしまった」

■フェラーリの戦略がタイヤバーストを呼んだ?

一方、フェラーリはイギリスGP決勝終盤にベッテルとキミ・ライコネンがいずれも左フロントタイヤのバーストに見舞われていた。メルセデスAMGの非常勤会長を務めるニキ・ラウダは、それはフェラーリがあまりにも攻撃的過ぎる戦略を取ったためだったと語っている。

この件について質問を受けたフェラーリのチーム代表マウリツィオ・アリバベーネは、「ニキには好きに言わせておこう」と答えたのみだった。

カテゴリー
2017年F1情報 イギリスGP ニュース フェルナンド・アロンソ ホンダ・レーシング マクラーレンF1 F1

【マクラーレン・ホンダ】アロンソは残留?移籍?来季について「何も言いたくない」

フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)は、来季以降について「何も言わない」と述べた。

オーストリアGPとイギリスGPの間の数日間で、フェラーリのセルジオ・マルキオンネ代表はアロンソが復帰する可能性はないと言い切り、マクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは、マクラーレンは2018年に完全にコミットするドライバーが必要だと述べた。

アロンソのマネージメントに携わるフラビオ・ブリアトーレは、マクラーレンがアロンソを納得させるためには「革命」が必要だと語った。

アロンソはシルバーストーンでスペインメディアに次のように語った。

「マルキオンネ?何も言わないよ。フラビオ?何も言わないよ。今日も何かで読んだな。何も言いたくない」。

カテゴリー
2017年F1情報 イギリスGP セバスチャン・ベッテル ニュース フェラーリ マックス・フェルスタッペン レッドブル F1

場外戦続く・・・ベッテル「彼はまだ荒いね」フェルスタッペン「前回ペナルティもらったでしょ?」

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は、「危険なドライビング」について不平を言う権利を持っていない。そう語るのは19歳のマックス・フェルスタッペン(レッドブル)だ。

ベッテルがイギリスGP決勝レースのコース上でマックス・フェルスタッペン(レッドブル)をコース外に追い出した後、フェルスタッペンはベッテルにやり返した。

レース中、フェルスタッペンはベッテルが「バンパーカー(ぶつけ合うゴーカート)」をしたいようだと無線で語っていたが、その後、フェルスタッペンの戦術にベッテルも疑問を抱いた。

「彼(フェルスタッペン)は今では多くの経験を積んでいるし、より穏やかになっているよ」

「だけど、マックスはまだポジションを守る時には少しワイルドだね」

しかし、19歳のフェルスタッペンはベッテルの文句を真剣に受け止めていないと言い返した。

「特に前回の出来事の後、彼はライセンスのペナルティポイントを科せられているよね」

フェルスタッペンが指摘しているのは、バクーで行われたアゼルバイジャンGPでベッテルがルイス・ハミルトン(メルセデス)に体当たりをした件だ。アゼルバイジャンGPの後、ベッテルはハミルトンに謝罪している。

●セバスチャン・ベッテル「フェルスタッペンに先行を許したことで難しいレースに」
●【動画】幸運メルセデス、悪夢フェラーリ・・・マクラーレン・ホンダ無得点/F1イギリスGP決勝レース ハイライト映像

カテゴリー
2017年F1情報 イギリスGP オーストリアGP カルロス・サインツJr. クリスチャン・ホーナー シリル・アビテブール ジョリオン・パーマー トロロッソ フランツ・トスト ヘルムート・マルコ ルノーF1 レッドブル F1

サインツ、ルノー行きを否定

来週末のF1第11戦ハンガリーGPを前にルノー移籍が取りざたされるカルロス・サインツ(トロロッソ)。否定的な意見が多い中、本人もうわさの打ち消しに走った。

もっかサインツとレッドブル首脳陣の関係は、明らかにピリピリムードだ。クリスチャン・ホーナーは、適正な契約解除料が手に入るなら22才のスペイン人ドライバーを手放しても良いと認めている。

とは言え、ホーナーばかりか、ヘルムート・マルコ博士もフランツ・トスト(トロロッソ)も、おまけにルノー代表シリル・アビテブールも、ハンガリーGPまでに不振のジョリオン・パーマー(ルノー)に替えてサインツを起用する話を否定した。

サインツは、次のように話す。

「ハンガリーGPをトロロッソとともに戦う以外は、何も考えていない」

ルノー移籍のうわさについて彼は、こう続ける。「そうだね、そういったうわさについてのコメントを多く求められる」

「僕にとってはただの憶測にすぎない。従って何も言うことはない」

一戦前の第9戦オーストリアGPでマスコミに対して行った発言をレッドブルのお偉方からとがめられて彼らとの関係は修復不能なまでに悪化したとされるが、これもサインツは認めようとしない。

「オーストリアGP後、一連の発言はただの誤解だったとの認識で全員一致した」とサインツ。

「シルバーストン(イギリスGP)ではクリスチャン・ホーナーとテニスに興じ、ヘルムート(マルコ)が主審を務めてくれたよ。すごく楽しかった。僕らの関係は何の問題もない」

「僕はレッドブルに所属し、若手育成プログラムに従事するドライバーの一人さ。来季もトロロッソに留まると確信している。懸案事項は、ハンガリーGPから解決に向けて努力するよ」