2018年F1情報 アゼルバイジャンGP トロロッソ ニュース ホンダ・レーシング F1

【トロロッソ・ホンダ】波乱のレースでハートレーが自身初入賞、チームは2戦ぶりの入賞/F1第4戦アゼルバイジャンGPレースレビュー

投稿日:

トロロッソ・ホンダが、F1第4戦アゼルバイジャンGP決勝レースを次のように振り返った。

●【他の画像:レース結果】F1第4戦アゼルバイジャンGP決勝レースのタイム差、ピット回数、周回数

■トロロッソ・ホンダ:レースレビュー

F1第4戦アゼルバイジャンGPは、強い風が吹く中で決勝レースが行われた。レース開始時の気温は17℃、路面温度は26℃、風の影響で肌寒く感じるコンディションとなった。

予選をアクシデントで終えたレッドブル・トロロッソ・ホンダの2台は、ピエール・ガスリーが17番手からウルトラソフトタイヤで、ブレンドン・ハートレーが19番手からソフトタイヤでスタートした。

オープニングラップにクラッシュが発生し、早くもセーフティカー(SC)が導入された。ハートレーはすぐさまピットインし、ウルトラソフトタイヤに交換。クラッシュの混乱や多くのマシンがピットインしたことにより、ガスリーは9番手、ハートレーは13番手に大きくポジションアップを果たした。

レースは5周目に再開し、リスタートでガスリーは7番手までポジションを上げる。しかし、その後徐々に順位を落とし、10周目には13番手にダウンすると、13周目にピットイン。ソフトタイヤに交換した。

20周終了時点で、ハートレーは13番手、ガスリーは16番手を走行。23周目にはハートレーがピットインし、スーパーソフトタイヤに交換した。このピットインによって、ガスリーが15番手、ハートレーは16番手となり、レースは後半戦に入る。

26周から39周までは、ガスリーが14番手、ハートレーが15番手での走行が続いた。40周目、11周を残してレッドブルの2台が接触し、再びセーフティカーが導入。このタイミングで多くのマシンがピットインを行い、ガスリーとハートレーもウルトラソフトタイヤに交換した。

この時点で、ガスリーが11番手、ハートレーが12番手と、入賞目前のポジションをキープ。セーフティカー中にもクラッシュ(ロマン・グロージャン)が発生し、長いセーフティカー先導走行となったが、レースは47周目に再開。残り5周の激しい戦いが幕を明けた。

再開早々にトップのバルテリ・ボッタス(メルセデス)がパンクによりリタイアする波乱が起こる中、ガスリーも他車と接触し、そのダメージが影響し12番手に。代わってハートレーが残り2周で10番手に浮上した。

波乱続きの51周を走り抜き、ハートレーは10位でチェッカーフラッグを受け、自身初のポイントを獲得。トロロッソ・ホンダにとっても2戦ぶりの入賞となった。ガスリーは12位でレースを終えている。

第5戦スペインGPは、バルセロナ郊外のカタルニア・サーキットで5月11日(金)~13日(日)に行われる。

●【動画:決勝レース】ハミルトンが“棚ぼた”で優勝。最後までドラマが起こったF1第4戦アゼルバイジャンGP
●【決勝レポート】大波乱のレースでハミルトンが今季初優勝 ホンダも1ポイント獲得/F1アゼルバイジャンGP
●2018年F1チャンピオンシップ・ランキング(アゼルバイジャンGP終了後)

-2018年F1情報, アゼルバイジャンGP, トロロッソ, ニュース, ホンダ・レーシング, F1
-, ,

Copyright© tntechteam , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.