フェルナンド・アロンソはマクラーレンの技術責任者ティム・ゴスが交代したことについて一蹴した。

●【画像】アロンソがマクラーレンでF1を続けるかどうかは分からないとブリアトーレ

ホンダからルノーパワーユニットへ変更したものの、3レースを終えてチームは厳しい戦いを強いられており、マクラーレンはゴスに責任を取らせた形だ。

この件についてアロンソは、バクーで『El Mundo Deportivo(エル・ムンド・デポルティーボ)』に語った。

「チームは時々、そして時には変更したことを公表しないんだ。僕たちは、昨年数回技術チームを再構築した。それはすべてのチームで普通のことだよ」

「再構築は、最もメリットを受ける場所に適切な人を置くことだ。僕はチームに全面的な信頼を置いている」。