大波乱のF1第4戦アゼルバイジャンGP決勝レースで見事6位入賞を成し遂げたアルファロメオ・ザウバーの新人シャルル・ルクレールがドライバー・オブ・ザ・デイを獲得した。

●【他の画像:レース結果】F1第4戦アゼルバイジャンGP決勝レースのタイム差、ピット回数、周回数

ルクレールは、予選14番手を獲得し、決勝グリッドはニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)のペナルティにより13番グリッドからスタートした。

レースではいたるところでクラッシュが起こり、イエローフラッグ、セーフティカーが度々出される大波乱の展開となったが、サバイバルレースを走りきって6位でチェッカーフラッグを受けた。F1デビュー4戦目にして自身初ポイントとなる8ポイントを獲得。アルファロメオ・ザウバーのマシンの実力を考えれば素晴らしい結果だ。

モナコ出身のルクレールは昨年のFIA F2選手権でチャンピオンを獲得しており、フェラーリ・ドライバー・アカデミーの一員でもある。

●【動画:決勝レース】ハミルトンが“棚ぼた”で優勝。最後までドラマが起こったF1第4戦アゼルバイジャンGP
●【決勝レポート】大波乱のレースでハミルトンが今季初優勝 ホンダも1ポイント獲得/F1アゼルバイジャンGP
●2018年F1チャンピオンシップ・ランキング(アゼルバイジャンGP終了後)