F1第4戦アゼルバイジャンGP決勝レースは最後の最後まで波乱のレースとなった。

●【他の画像:レース結果】F1第4戦アゼルバイジャンGP決勝レースのタイム差、ピット回数、周回数

レース終盤、レッドブル2台の接触によりセーフティカーが導入。解除後のレース再開後、トップを走行していたバルテリ・ボッタス(メルセデス)が突然のタイヤバーストに見舞われリタイアに終わった。

優勝はルイス・ハミルトン(メルセデス)。今季初優勝を飾った。

2位はキミ・ライコネン(フェラーリ)、3位はセルジオ・ペレス(フォース・インディア)だった。

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)はレース再開後にトップ争いしていたが、1コーナーでオーバーラン。4位でレースを終えている。

5位はカルロス・サインツ(ルノー)、6位に新人シャルル・ルクレール(アルファロメオ・ザウバー)が入った。

トロロッソ・ホンダは、ブレンドン・ハートレー(トロロッソ・ホンダ)が10位、ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)が12番手だった。

●【動画:決勝レース】ハミルトンが“棚ぼた”で優勝。最後までドラマが起こったF1第4戦アゼルバイジャンGP
●【他の画像:レース結果】F1第4戦アゼルバイジャンGP決勝レースのタイム差、ピット回数、周回数
●【決勝レポート】大波乱のレースでハミルトンが今季初優勝 ホンダも1ポイント獲得/F1アゼルバイジャンGP