2018年F1情報 トロロッソ ニュース フランツ・トスト ブレンドン・ハートレイ ホンダ・レーシング F1

【トロロッソ・ホンダ】ハートレイ「ホンダはここまで完ぺき」

投稿日:

トロロッソのブレンドン・ハートレイが、ここまでのところホンダPU(パワーユニット)は“完ぺき”だと語った。

●ハートレイ「ホンダと手を切ったのはマクラーレンの失敗」

2015年にマクラーレンへのワークスPUサプライヤーとしてF1復帰を果たしたホンダだが、以降3年間にわたって戦闘力と信頼性両面でライバルメーカーに大きく後れをとってしまい、マクラーレンとの関係もついに2017年限りで解消されてしまった。

今季からマクラーレンに代わってホンダPUを搭載するのはレッドブルのジュニアチームであるトロロッソだ。そして、まだシーズン前公式テストが始まったばかりではあるものの、ここまでのところホンダPUに昨年までのようなトラブルの兆候はまったく見られない。

■昨年のホンダも言われているほど悪くはなかった

トロロッソのチーム代表を務めるフランツ・トストはドイツの『Speedweek(スピードウィーク)』に次のように語った。

「何よりもまず、昨年のホンダもみんなが言うほど悪くはなかったんだ」

「それに加え、彼らは冬の間に非常に懸命な取り組みを行ってきているよ」

■ここまでは完ぺきだとハートレイ

ニュージーランド出身のハートレイもスペインの『El Mundo Deportivo(ムンド・デポルティーボ)』に次のように語っている。

「すべて完ぺきだよ」

「ホンダの支援を得られて僕たちは本当に満足している」

「ここまでのところパフォーマンスもすごくいい。エンジンと信頼性に関してはすごく楽観的だよ」

「今後もいくつかのアップデートが予定されている。だけど僕たちは何よりも信頼性を重視しているし、ここまでのところはすべて順調さ」

■トロロッソにとっては大きなチャンス

昨シーズンの終盤4レースにトロロッソでレースに出走した経験を持つハートレイは、そのときのルノーPUに比べればホンダPUの方がいいのは確かだと次のように続けた。

「僕たちのエンジンは、昨年ルノーから供給を受けていたものよりもいいよ」

「メーカーから直接エンジン提供を受けられる唯一のチームになれたことは、トロロッソにとって素晴らしいチャンスだね」

■アロンソにはWECで勝てるチャンスがある

一方、ル・マン24時間レースを擁するWEC(世界耐久選手権)で2度年間チャンピオンに輝いた実績を持つハートレイは、マクラーレンのフェルナンド・アロンソが今季F1と掛け持ちでWECも戦うことについて質問を受けると、「彼には勝利する大きなチャンスがあると思うよ」と答え、次のように付け加えた。

「実際のところ、今ではいくつかのLMP1(WECの最高峰プロトタイプカテゴリー)チームがあるし、それらはみんな急成長を遂げているから、かなりの接戦にはなるだろうけどね」

-2018年F1情報, トロロッソ, ニュース, フランツ・トスト, ブレンドン・ハートレイ, ホンダ・レーシング, F1
-,

Copyright© tntechteam , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.