NASCARウィレン・ユーロシリーズのCEOを務めるジェローム・ガルパンが、ダニール・クビアトが2018年に同シリーズに参戦するのではないかとのうわさを否定した。

2017年のF1第17戦アメリカGPを最後にレッドブルから契約を解除されてトロロッソのシートを失ったロシア人ドライバーのクビアトだが、最近イタリアのサーキットで行われるNASCARの採用テストにチャレンジしたことが明らかとなっていた。

これにより、クビアトが2018年にNASCARのヨーロッパシリーズに出走することになるのではないかとの推測が報じられていた。

だが、ガルパンはそうした推測は見当はずれだと主張している。

「彼は今のF1のような余分なシステムがついていないクルマの運転を楽しんだ」

フランスの『Auto Hebdo(オト・エブド)』にそう語ったガルパンは次のように付け加えた。

「だが、そのテストは純粋に楽しみのためだったんだ。ダニールは今でもF1でのキャリアに焦点を合わせているし、彼の計画にNASCARシリーズへの転向は含まれていないよ」