ニュース TOYOTA GAZOO Racing WEC 小林可夢偉

【WEC】小林可夢偉「目指すは、もちろん勝利。自信もある」

更新日:

11月18日(土)にFIA世界耐久選手権(WEC)の2017年最終戦となる、第9戦バーレーン6時間レースが行われる。TOYOTA GAZOO Racingは、シーズン最終戦の舞台となるバーレーンで通算3度目、今シーズン5回目の勝利を目指す。トヨタとポルシェは今シーズンこれまでに4勝ずつを分け合っている。

●【WEC】中嶋一貴「全力で3連勝を」今シーズン5勝目を狙う

小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペスの3名が駆るTS050 HYBRID #7号車は今シーズン4戦でポールポジション獲得という速さを見せているが、レースでは不運に見舞われて結果が出ておらず、中東バーレーン戦での今季初勝利を狙う。

また、小林可夢偉はフォーミュラE参戦も発表されたばかりで、12月も世界で戦うことになる。

■小林可夢偉 (TS050 HYBRID #7号車)

「上海で我々はしっかりと最速を示すことが出来ましたので、バーレーンでも同じような実力が発揮できることを目指します。このレースが強豪ライバルとの最後の一戦になるので、激戦のバトルを楽しみたいと思っています。目指すところは、もちろん勝利。自信もあります。必ずチャンスはあると思っています」。

■マイク・コンウェイ (TS050 HYBRID #7号車)

「バーレーンは得意なコースですので、今週末が楽しみですし、目標はズバリ、#7号車での勝利です。我々は今年、シーズンを通して全力で戦って来た結果、ここまでの8戦で4度のポールポジションを獲得して来ました。この速さをここで勝利に繋げなくてはなりません。前戦上海ではタイヤについて多くを学べました。バーレーンもタイヤに関してはよく似たコースだと思うので、上海の経験がアドバンテージになってくれることを望んでいます」。

■ホセ・マリア・ロペス (TS050 HYBRID #7号車)

「私自身はGP2参戦時にバーレーンを走った経験があり、とても良いコースと言う印象でしたので、早くTS050 HYBRIDで走りたいと思っています。今シーズンの最終戦なので、好結果で終えられることを本当に期待しています。我々のTS050 HYBRIDはここ2戦でも速さを見せており、バーレーンでも競争力は高いと思っていますが、ライバルも全力で挑んで来るはずで、激戦になることは間違いありません」。

-ニュース, TOYOTA GAZOO Racing, WEC, 小林可夢偉
-,

Copyright© tntechteam , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.