F1日本GPの予選終了後、ルノーF1チームはジョリオン・パーマー(ルノー)との契約解除を発表した。パーマーはF1日本GPがルノーでの最後のF1レースとなる。

次戦F1アメリカGPからは、パーマーに代わってカルロス・サインツ(トロロッソ・ルノー)がルノーF1チームに加入する。サインツは来季からルノーF1チームに“レンタル移籍”することが発表されていたが、噂されていた通り、今季中に移籍することになった。

そしてトロロッソはルノーがリリースを発表した数分後、サインツが抜けることを正式に発表。そして、次戦F1アメリカGPからはダニール・クビアト(トロロッソ)が復帰し、ピエール・ガスリー(トロロッソ)と戦うことを発表した。