2017年F1第8戦アゼルバイジャンGPフリー走行3回目、ジョリオン・パーマー(ルノー)のクルマから炎が上がっている映像が公開された。

セッション開始から6分ほどが経過したところでルノーのジョリオン・パーマーのクルマから炎が上がり、ターン2のエスケープゾーンに停められたクルマの消火作業が行われるアクシデントが発生。10分以上にわたって区間イエローが掲示される状況となった。

フリー走行3回目は、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップに立った。

●【P3動画】ルノーから炎が上がる・・・(0:49)[F1.comへ]