12日(金)、F1スペインGPがバルセロナ・カタルーニャサーキットで開幕し、フリー走行1回目が行われているが、母国GPを迎えたフェルナンド・アロンソはエンジントラブルによりわずか1周でストップしてしまった。

アロンソのマクラーレン・ホンダは、2コーナーでタイヤがロックしてバランスを崩し、停止したクルマからは白煙が上がり、液体が漏れていた。

アロンソは無線で「エンジンに問題が発生した」と伝えている。

●【P1動画】母国GPのアロンソ、コースインしてすぐにエンジントラブル・・・(1:11)[F1.comへ]