メルセデスAMGのバルテリ・ボッタスが、ソチ・オートドロームで行われた2017年F1第4戦ロシアGP決勝を終えて次のようにコメントした。

●【決勝結果】F1ロシアGP決勝レースのタイム差、周回数、ピット回数

■バルテリ・ボッタス
決勝/優勝(F1キャリア初)

「実感がわくまで少し時間がかかりそうだよ。普段、僕はそれほど感情的な方じゃないけれど、フィンランド国家を聞くのはすごく特別なことだった。現実のこととは思えないくらいだよ。初勝利だ。願わくは、今後何度も経験することの最初のものであって欲しいね」

「もちろん、僕にとってはこれまでのベストレースに数えられるものだった。セバスチャン(ベッテル/フェラーリ)からのプレッシャーはそれほどでもなかったけれど、大きな問題は周回遅れのクルマを追い抜かなくてはならないことだった。タイムを失わないようにしながら彼らを追い抜くのは難しかったよ」

「それに、残りが15周ほどになったところでロックアップしてしまい、それでペースを崩してしまったんだ。なんとかそれには対処できたけれどね。僕は少しばかり無線交信をやめるよう頼んだんだ。集中してそれに取り組むためにね」

「この勝利が今後に向けて大きな自信になるはずだ。僕は自分がこういう結果を出せると分かっていた。常に自分の能力を信じていたからね。そして今日の結果でそれが立証されたんだ」