メルセデス所属ドライバーであり2016年にマノーからF1デビューを飾っていたパスカル・ウェーレインが、2017年はザウバーに所属することが確実だと示唆した。

■ボッタスのメルセデスAMG移籍が確定か

2016年に念願のF1チャンピオンとなったニコ・ロズベルグがシーズン後に突然F1からの引退を発表。メルセデスAMGでは育成ドライバーであるウェーレインをその後任として昇格させるという選択肢もあったが、そうではなくウィリアムズのバルテリ・ボッタス獲得を目指していた。

そして、メルセデスAMGとウィリアムズとの間でボッタスの契約譲渡の話し合いがまとまり、今週中にも正式発表されるようだと報じられている。

一方、ウェーレインに関しては、チーム存続の危機に陥っているマノーから、ザウバーへの移籍を目指していると報じられていたが、この交渉もすでに合意に達していると報じられていた。

■ザウバーの一員になるのはうれしいとウェーレイン

そして、ウェーレイン自身もザウバー移籍を強く示唆するコメントを行っている。

「ザウバーは今、間違いなく改善を続けているよ」

『Blick(ブリック)』にそう語ったウェーレインは次のように付け加えた。

「僕は、この素晴らしいチームの一員になれることをうれしく思っている」