2016年F1情報 ニュース ミカ・ハッキネン F1

ミカ・ハッキネンがF1シーズン長期化の問題点を指摘

投稿日:

今年のF1は過去最多の年間21レースが行われる。だが、シーズン長期化はチームやドライバーの「攻撃性」減少につながっている。

これは、1998年と1999年に2年連続でF1タイトルを獲得した元F1ドライバーのミカ・ハッキネンの意見だ。

『Tagesspiegel(ターゲスシュピーゲル)』紙から、現在のF1のあり方についてどう思うかと質問されたハッキネンは、次のように答えた。

「ドライバーたちにはクルマを大事にし、タイヤやエンジンやブレーキをいたわることが求められている。だが、それはレーサーが望んでいることではないんだ」

ハッキネンは、今よりももっと年間レース数が少なかった時代には、ドライバーたちにとっては「攻撃的」なレースをすることができていたと主張し、次のように続けた。

「だけど、今日のドライバーは、すごく長いシーズンを過ごさなくてはならないということがよく分かっている」

「多くのチームが、リスクを最小限にとどめた上で、可能な限りのポイントを取ることを目指してレースに向かっているんだ」

ハッキネンは、それに関してはほかのモータースポーツにおいても同様だとはしながらも、今日でもF1以外の多くのカテゴリーではドライバーがもっと自由に戦うことができる状況が残されていると主張した。

-2016年F1情報, ニュース, ミカ・ハッキネン, F1
-

Copyright© tntechteam , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.