2016年F1情報 ジェンソン・バトン ニュース フェルナンド・アロンソ ホンダ・レーシング マクラーレンF1 ロン・デニス F1 新井康久

【マクラーレン・ホンダ】いつ勝てるとは言えないとロン・デニス

更新日:

21日(日)に、2016年型車MP4-31を発表したマクラーレン・ホンダだが、今季の具体的な目標などに関してはチームとして何も語ってはいない。

いよいよ22日(月)から、今年最初のF1公式シーズン前テストがバルセロナ-カタルーニャ・サーキットでスタートしたが、今年のマクラーレン・ホンダがどれほど昨年に比べて改善できたのかに多くの注目が集まることは間違いない。

■具体的な目標は語れないとチーム関係者

だが、2009年のF1チャンピオンであるジェンソン・バトンは、「楽観的過ぎる予想をするつもりはないよ」と語り、次のように続けた。

「F1は本当に予想するのが難しいものなんだ。だけど、ここまでに見てきたところでは、クルマの空力処理はすごくよさそうだよ」

一方、ホンダF1プロジェクト責任者の新井康久は、昨年苦戦を強いられたターボシステムそのものは改善されているものの、「2回のテストを終えてみないと、自分たちがどういう位置にあるのかをはっきりと理解することはできないと思う」と語っている。

マクラーレンの最高権威であるロン・デニスは、マクラーレンとホンダは勝利を目指して一体となっていると次のように語った。

「いつごろ勝てるだろうというような予想を述べるつもりはない。だが、誤解を恐れずに言うならば、我々のチームでは誰もが過去数か月にわたって本当に休みなく働いていたよ」

■今年もマクラーレンの苦戦を予想するメディア関係者

フィンランドのテレビ局『MTV』でF1解説者を務めるオッシ・オイカリネンは、今年もマクラーレン・ホンダの苦戦は続くと考えている。

「彼らが2016年にトップ争いができるとは思わない。彼らにとって、グリッド最前列はまだはるか先だ」とオイカリネンは語った。

もし、2016年もマクラーレン・ホンダが競争力を発揮できなかった場合、最高のF1ドライバーだと称されるフェルナンド・アロンソがやる気を維持していくことができるかどうかという疑問も生じてくるだろう。

その件について質問を受けた元F1ドライバーのミカ・サロは、ほほ笑みを浮かべながら、次のように答えた。

「もし、それができないときには、彼は自分の銀行口座を見ることで気分を直していくしかないね」

-2016年F1情報, ジェンソン・バトン, ニュース, フェルナンド・アロンソ, ホンダ・レーシング, マクラーレンF1, ロン・デニス, F1, 新井康久
-, , ,

Copyright© tntechteam , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.