2015年F1情報 エリック・ブーリエ ジェンソン・バトン ニュース ホンダ・レーシング マクラーレンF1 F1 新井康久

【マクラーレン・ホンダ】2016年型車に手応えあり

投稿日:

マクラーレンの2016年のF1カーは今年のものとは大きく異なるものとなるようだ。

7年ぶりにエンジンサプライヤーとしてF1に復帰したホンダと組んだマクラーレンだが、そのパワーユニットが予想以上の苦戦を強いられ、チームとしても10チーム中9位という名門チームにふさわしくない屈辱的な成績で2015年シーズンを終えている。

だが、2009年のF1チャンピオンであるジェンソン・バトンは、問題は必ずしもエンジンばかりでなく、シャシーも完ぺきとは言えないものだったと語り、スペインの『AS』に次のように続けた。

「来年はグリッドのかなり上位につけるんじゃないかと期待しているよ。パッケージ全体が改善されているからね」

「僕たちにはICE(パワーユニットにおける内燃機関部分)と(回生エネルギーの)展開を改善する必要があると思う。でも、クルマ全体ももっと改善する必要があるよ」

「グリッド上で最速(のシャシー)ではなかったからね」

マクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは、来年のマクラーレンF1カーは大きく異なるものになるだろうと次のように語った。

「基本構想は同じだが、ほとんどすべてが変わることになる。現時点で、我々の来年に向けた新車はすでにこれ(2015年型車)よりよくなっているよ」

ホンダF1プロジェクト総責任者の新井康久も次のように続けた。

「エリックが言ったように、我々のコンセプトと基本構想は変わっていません。しかし、完全に新しいエンジンが開発されています」

一方、イタリアからは、ここ数年プルロッド方式のフロントサスペンションを採用していたフェラーリも、2016年には従来のようなプッシュロッド方式サスペンションに戻すようだとのうわさが聞こえてきている。

-2015年F1情報, エリック・ブーリエ, ジェンソン・バトン, ニュース, ホンダ・レーシング, マクラーレンF1, F1, 新井康久
-, , ,

Copyright© tntechteam , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.