2015年F1情報 ニュース ホンダ・レーシング マクラーレンF1 F1 新井康久

【ホンダF1】シーズン後半にはトップチームと争える

投稿日:

ホンダが、シーズン後半にはエンジンのパフォーマンスが飛躍的に向上するだろうと主張している。

今季からF1にエンジンサプライヤーとして復帰したホンダだが、ここまで苦しい状況が続いている。前戦F1カナダGPでは2台ともにトラブルによるリタイアとなるなど、信頼性に欠けるとともに、長いストレートではその絶対スピードも不足しているのは明らかだ。

今週末のF1オーストリアGP(21日決勝)には、ショートノーズを含む新たな空力コンセプトを施した改良型MP4-30を投入する予定のマクラーレン。しかし、エンジンパワーが物を言うパワーサーキットに分類されるオーストリアのレッドブルリンクは、やはりホンダエンジンには不向きなサーキットであることは間違いない。

日増しに大きくなるプレッシャーを抱えるホンダだが、プロジェクト総責任者の新井康久は、必要とされるパフォーマンス改善に向けて懸命な取り組みを続けていると主張している。

「パワーに関しては、近いうちに改善を果たすことができるでしょう」

「チームとして、懸命な取り組みを続けています。エンジンばかりではなく、空力やシャシーに関してもです」

イタリアの『Tuttosport(トゥットスポルト)』にそう語った新井は、次のように付け加えた。

「オーストラリア(開幕戦)からカナダ(第7戦)へと至る間にはその両面において進歩が見られました。そして、恐らくシーズン後半には高いパフォーマンスが発揮できるようになるでしょうし、トップチームたちとも争えるようになると思います」

-2015年F1情報, ニュース, ホンダ・レーシング, マクラーレンF1, F1, 新井康久
-, ,

Copyright© tntechteam , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.