海外メディアが、ルノーによるロータス買収が近いうちに発表されることになるかもしれないと報じている。

少し前から、ロータスとルノーの間でチーム買収交渉が進められているのではないかとのうわさが流れていた。エンストンに拠点を構えるロータスが、以前はルノーF1チームだったことは言うまでもないだろう。

ロータスの最高経営責任者であるマシュー・カーターは、つい2週間ほど前に「株主たちははっきりとチームを売るつもりはないと言ったよ」と主張していた。

だが、それでうわさがやむことはなかった。

ロータスのチーム代表であり、オーナー企業であるジェニイの共同設立者でもあるジェラルド・ロペスは、今季ここまでレースの現場に顔を出すことはほとんどなかった。だが、そのロペスが、第5戦スペインGPが開催されたバルセロナに突然姿を現していた。

イタリアの『Autosprint(オートスプリント)』によれば、そのときにロータスの株式をかつてのオーナーであるルノーに買い戻してもらうための交渉が行われていたのだという。

今季、ルノーは、現在のエンジンサプライヤーとしてのF1のかかわり方に不満を抱いていることを公言するとともに、F1から完全に手を引くか、あるいは再び自らのワークスチームを擁してF1で戦うかについて検討を行っていることを認めている。

買収候補チームとしては、トロロッソの名前が挙げられていた。だが、レッドブル首脳陣はトロロッソの売却に関しては否定的なコメントを行っている。

『Autosprint(オートスプリント)』は、ルノーのF1プロジェクトにおいて運営責任者を務めるレミ・タファンが、ルノーの選択肢のひとつは、ロータスを買い戻して2010年までルノーF1を率いていたボブ・ベルを再びチーム代表に据えることだと示唆したと報じている。

ベルはその後メルセデスに移籍しテクニカルディレクターを務めていたが、2014年にメルセデスAMGを離脱している。

『Autosprint(オートスプリント)』は、ルノーでは、少なくともロータスを買収するかどうかについては、今週末までにはその最終判断を下すことになるだろうと報じている。

先週のモナコGPのパドックには、ルノーの会長兼最高経営責任者であるカルロス・ゴーンの姿もあったが、これもルノーが何らかの大きな動きに出る可能性を示唆するものだとの見方を強めていた。

『Turun Sanomat(トゥルン・サノマット)』のルイス・バスコンセロス記者も、現在ロペスとルノーのF1プロジェクト責任者であるシリル・アビテブールによる交渉が続けられているのは確かであり、「ロータス買収に向けた交渉は、最終段階にまできている」と指摘している。

バスコンセロスは、次のように付け加えている。

「ロペスとアビテブールの交渉の最終期限は5月末までとなっている。つまり、数日のうちにはその結果が出るだろう」