2015年F1情報 ニコ・ロズベルグ ニュース メルセデスAMG ルイス・ハミルトン F1

ハミルトンとロズベルグ、体調回復

更新日:

メルセデスAMGの両ドライバーが、バルセロナで健康を取り戻しつつある。

この冬二回目の合同テストが始まった19日(木)、ルイス・ハミルトンは10周しただけで高熱のため早退した。

代わりに乗ったのは、チームの控えドライバーで、それまでメルセデスのカスタマー・チーム、フォース・インディアのマシンを走行していたパスカル・ヴェアラインだった。

ハミルトンのチームメート、ニコ・ロズベルグが運転を代わらなかったのは、頸部(けいぶ)の神経に炎症を起こしていたからだといわれる。

しかし、父親になると発表したばかりのロズベルグは翌20日(金)の朝、予定通りサーキットに姿を現し、昼食前まで実に65周を走ってみせた。

チームがツイッターで「あの男は機械か!」と驚いたくらいだ。

いっぽう前日、体調不良からホテルの一室で寝ていたF1世界チャンピオンのハミルトンも、タイトル防衛マシンW06の走行に向けて準備オーケーといった様子だった。

「午後の予定を知りたい、だって?」とカタルーニャ・サーキットでつぶやいたメルセデスAMG。「では、そろそろハマー(MCハマーではなくハミルトン)の出番だ」

-2015年F1情報, ニコ・ロズベルグ, ニュース, メルセデスAMG, ルイス・ハミルトン, F1
-, , ,

Copyright© tntechteam , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.