2015年F1情報 ケビン・マグヌッセン ジェンソン・バトン ニュース フェルナンド・アロンソ マクラーレンF1 ロン・デニス F1

マクラーレンの2015年ドライバー体制発表は4日(木)以降?

投稿日:

マクラーレンが12月1日(月)に2015年のドライバーラインアップを発表することはないようだ。

フェルナンド・アロンソの加入が確実だと考えられているマクラーレンだが、2014年のF1最終戦アブダビGPの開催前に、「2015年のドライバーラインアップに関する審議を12月1日の月曜日以前には行わないことを決定した」との声明を出していた。

来季から新たにホンダのワークスエンジンを搭載することになるマクラーレンでは、アロンソのチームメートとして2014年のドライバーのうち、ジェンソン・バトンとケビン・マグヌッセンのどちらを残留させることにするかについて検討しているものと考えられている。

3度F1タイトルを獲得した実績を持つ伝説的元F1ドライバーのジャッキー・スチュワートは、アロンソがその決定に関して何らかの役割を果たすことになるだろうと考えている。

「私は、彼(アロンソ)が、誰をナンバー2ドライバーにするかということについての発言権を持っているのではないかと推測しているんだ」

インドの『PTI通信』通信にそう語ったスチュワートは、次のように付け加えた。

「ナンバー1ドライバーにとって、そういうことは珍しいことではないからね」

マクラーレンが声明の中で語っていた12月1日(月)に何らかの発表が行われるのではないかと期待している者も多いが、『Italiaracing(イタリアレーシング)』は、少なくとも木曜日(4日)か金曜日(5日)まではそのニュースが聞かれることはないだろうとしている。

また、スペインの『El Mundo Deportivo(ムンド・デポルティーボ)』も、ウォーキングにあるマクラーレンのファクトリーでは、裏舞台でかなり大きな動きがありそうだと報じている。現マクラーレン総帥のロン・デニスが、筆頭株主であるマンスール・オジェと、マクラーレンのオーナーシップに関する話し合いをしているというのだ。

さらに、『El Mundo Deportivo(ムンド・デポルティーボ)』は、デニスが先週はマグヌッセンの母国であるデンマークを訪れ、そのスポンサーであるファッションブランドのベストセラーや、レゴ、サクソバンクなどとの会談を行っていたとも報じている。

-2015年F1情報, ケビン・マグヌッセン, ジェンソン・バトン, ニュース, フェルナンド・アロンソ, マクラーレンF1, ロン・デニス, F1
-, , , ,

Copyright© tntechteam , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.