元F1王者ミハエル・シューマッハがスキーで転倒し、今もこん睡状態にある事故について、事故の様子を偶然収めた映像の存在が判明。転倒時のシューマッハは高速で滑っていたわけではないと撮影者は証言している。

『Der Spiegel(シュピーゲル)』の報道として『Telegraph(テレグラフ)』が報じたところによると、35歳でドイツ出身の男性客室乗務員が交際している女性と休暇でスキーをしていたときに偶然映像を撮影したという。

この男性が女性のスマートフォンで撮影した動画の背景に、ややぼやけているもののスキーヤーが2つのスロープの間にある整備されていない区域を滑っている様子が映っており、これがシューマッハであるとのことだ。この映像にはシューマッハが転倒する場面もあり、すでに警察へ提出され、捜査が進められている。

シューマッハが整備されていない区域に入ったことについては、各国のメディアでさまざまな憶測が広がったが、シューマッハは転倒した友人、もしくは友人の娘を助けるため整備されていない区域へ入り、その後に転倒したとみられる。

また、一部メディアはシューマッハが非常に高速で滑っていたとも報じていた。しかし、事故現場から数メートルの場所でこの映像を撮影した男性は、事故当時のシューマッハは時速12マイル(約19km)ほどで滑っていたと証言している。