フェラーリ フェリペ・マッサ フェルナンド・アロンソ FIA

フェラーリのフェルナンド・アロンソとフェリペ・マッサ、公聴会に召喚される

投稿日:

来週に開かれる世界モータースポーツ評議会(WMSC)の公聴会に、フェラーリのドライバーであるフェルナンド・アロンソとフェリペ・マッサも召喚された。

これは、3日(金)に『AS』が報じたもので、アロンソとマッサはパリで行われる公聴会に出席するか、ビデオ会議のような形で参加する必要があるという。

マッサはF1ドイツGPの際、チームからの指示によりアロンソに優勝を譲っていた。これが、F1で禁止されているチームオーダーにあたるとして、WMSCで処分が検討される予定だ。

フェラーリのチーム代表ステファノ・ドメニカリは、「世界評議会はわれわれの主張を理解してくれるだろう」と語っていた。

しかし、レッドブルのアドバイザーであるヘルムート・マルコなど、フェラーリやドライバーのポイントがはく奪になる可能性もあると考える者も多い。

これに対してはアロンソが、「そうなるとは思わない。僕たちは心配していないよ」と反論している。

アロンソやマッサ、そしてフェラーリの法務担当者のほか、ドメニカリ、そしてチームマネジャーのマッシモ・リボラが、8日(水)の公聴会に出席する予定だ。公聴会の終了後、同日中に裁定が発表されるとみられている。

-フェラーリ, フェリペ・マッサ, フェルナンド・アロンソ, FIA
-, , ,

Copyright© tntechteam , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.