シンガポールGP セバスチャン・ベッテル マーク・ウェバー レッドブル

2009年シンガポールGP1日目(レッドブル)

投稿日:

2度目のフリー走行で、セバスチャン・ベッテルは最速タイムを記録し、マーク・ウェバーは6番手だった。1回目のフリー走行ではウェバーが3番手、ベッテルが5番手に入った。

セバスチャン・ベッテル(カーナンバー15、シャシーナンバー1)
フリー走行1回目:5番手、1分50秒614、16周
フリー走行2回目:1番手、1分48秒650、31周
「タイムを見ると、去年よりも少し遅いことが分かる。スピードの高いコーナーのいくつかがそれほど速くなくて残念だけど、全体的な特徴は変わりないね。挑戦しがいのあるサーキットだよ。ストップ・アンド・ゴーのコースだしね。ここでは、ほかのサーキットほど大きなGフォースを感じないんだ。でも多くのバンプがあるから、簡単にはいかないよね。それでも好きなサーキットだよ。僕たちにとってはいい1日になったし、モンツァよりは良さそうだよね」

マーク・ウェバー(カーナンバー14、シャシーナンバー2)
フリー走行1回目:3番手、1分50秒416、21周
フリー走行2回目:6番手、1分49秒317、14周
「2回目のフリー走行では少しプッシュしすぎたよね。ラインを外れると少し滑りやすいし、最終コーナーでラインを外れてピットウォールに突っ込んでしまった。それで僕のセッションは終わっちゃったよ。それまで、クルマは調子良かったんだ。僕もセバスチャンも速くて、かなりいいフリー走行だったと思う。もっと走行距離を稼ぎたかったけど、多くのことを学んだし、明日また走るからね。きっと僕たちにはいいレースになると思うよ。タイヤがここではそれほど扱いやすくないから、おもしろくなるはずだ。そのために今夜作業をしないといけないね。だけど、全体的にはそれほど悪くなかったよ」

-シンガポールGP, セバスチャン・ベッテル, マーク・ウェバー, レッドブル
-, , ,

Copyright© tntechteam , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.