ウィリアムズ シンガポールGP ニコ・ロズベルグ パトリック・ヘッド 中嶋一貴

2009年シンガポールGP1日目(ウィリアムズ)

投稿日:

フリー走行1回目
空力およびメカニカルのセットアップ、新しい空力パーツのパフォーマンス評価

フリー走行2回目
タイヤテスト、空力およびメカニカルセットアップの評価

パトリック・ヘッド(エンジニアリングディレクター)
「本日はタイヤにかんする宿題を終え、どちら(のコンパウンド)もこのコースに合っていた。おそらくハード側の方がやや安定性が高いだろう。クルマに異なったメカニカルセッティングを試し、日曜(27日)にやるべきことはよく理解している。土曜日(26日)は予選での速さに集中していく。クルマの挙動は予想通りだったが、自分たちの位置を考えるのはまだ早い。明日はもっと理解が深まるだろう」

ニコ・ロズベルグ
フリー走行1回目
1走目:新品ハード側タイヤ(1周)インストレーションラップ
2走目:新品ハード側タイヤ(6周)基本的作業
3走目:使用済ハード側タイヤ(9周)メカニカルのセットアップ
4走目:使用済ハード側タイヤ(7周)メカニカル/空力バランステストおよび燃料システム確認

フリー走行2回目
1走目:使用済ハード側タイヤ(5周)基本的作業
2走目:新品ハード側タイヤ(10周)ロングラン
3走目:新品ソフト側タイヤ(9周)ロングラン
4走目:新品ソフト側タイヤ(4周)予選シミュレーション
5走目:使用済みソフト側タイヤ(5周)メカニカルのセットアップ
「1回目のセッションの始まり方はずいぶん悪かったけれど、いくつか変更を加えたところ、良い方向が見え始めた。ここでは速さを取り戻せるとわかっていたけれど、充実したタイヤテストとセットアップ変更によるパフォーマンスの向上で1日を終えられたので、今日は良い1日だったと満足しているよ。フリー走行2回目の終盤に向けてヒヤッとした場面があったんだ。ちょっと壁に当たってしまったけど、クルマにダメージはなかった。フロントウイングにほんのちょっと傷がついただけで済んだんだけれど、フランク(ウィリアムズ/チーム代表)はこう言ってたよ”壁に当たらないなら、それは十分な速さで走っていないということだ!”」

中嶋一貴
フリー走行1回目
1走目:新品ハード側タイヤ(1周)インストレーションラップ
2走目:使用済ハード側タイヤ(8周)基本的作業
3走目:使用済ハード側タイヤ(9周)空力セットアップおよびパーツテスト
4走目:使用済ハード側タイヤ(7周)メカニカルのセットアップおよび燃料システム確認

フリー走行2回目
1走目 使用済ハード側タイヤ(5周)基本的作業
2走目 新品ハード側タイヤ(9周)ロングラン
3走目 新品ソフト側タイヤ(13周)ロングラン
4走目 新品ソフト側タイヤ(7周)予選シミュレーション
「ここは肉体的にすごくきつくて、今日の2回のセッションはハードでした。準備は整ったと思いますし、コンディションが大きな問題になるとは思いません。タイヤについてはまだやるべきことが残されていますが、ロングランのペースは良いものでしたし、エンジニアリングの進歩を明日も続けられれば、と思います」

-ウィリアムズ, シンガポールGP, ニコ・ロズベルグ, パトリック・ヘッド, 中嶋一貴
-, , , ,

Copyright© tntechteam , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.