ウィリアムズは今週末、新GP2チャンピオンのニコ・ヒュルケンベルグが2010年にウィリアムズからデビューを果たすことになったと認めるだろう。

ドイツの『Sport Bild(シュポルト・ビルト)』紙は、22歳になるヒュルケンベルグのマネジャーを務めるウィリー・ウェバーが直接その情報を認めたとしている。

また、F1キャリアで大成功を収めたミハエル・シューマッハのマネジメントも務め、ヒュルケンベルグも支援してくれるように多くのシューマッハを支援するスポンサーと交渉したウェバーは、“クラッシュゲート”問題の結果は、ウィリアムズにとってはいいニュースだと語ったようだ。

事件を“真剣に考慮”したにもかかわらず、ルノーの親会社がF1残留を決定したと、ルノーの弁護士を務めるアリ・マレクが今週明白にしたことに触れ、ウェバーは「ルノーが続けていくことは、F1にとってもウィリアムズにとってもいいニュースだ」と述べている。

さらにウェバーは次のように続けている。「ウィリアムズのエンジン問題は確認されていない。これからルノーと話し合いを持つだろう」