体調が心配されたロメ・グロジャン(ルノー)だったが、25日(金)に出走の許可が下り、初日フリー走行に参加する事になった。

24日(木)に、ほんの少しだけサーキットに姿を見せたグロジャンは、その後ホテルに戻り、食当たりで弱った体調の回復に努めた。

その間、チームのリザーブドライバーであるルーカス・ディ・グラッシが準備を進め、5秒間でコックピットを降りる脱出テストも受けていた。

しかし、結果としてグロジャンは健康を回復。25日のフリー走行でR29に乗ることになったのだ。

ところでルノーは、昨晩から今日にかけて、チームとのスポンサー契約を解消したING銀行とムトゥア・マドリレーニャのロゴをマシンから取り除いた。だが、チームのユニホームやプレス発表用のレターヘッドは差し替えの準備が間に合わず、ロゴはそのままとなっている。