バーニー・エクレストンは24日(木)、2010年イギリスGPへ向けた計画を整えるためにドニントン・パークに対して設定した期限を、わずかに延長する意向であると語った。

エクレストンは最近、ドニントンは9月末までに資金を確保する必要があると述べており、この期限はドニントンとの契約にも含まれていたと見られている。

「彼らが抱えている問題は資金面だ。資金を集めるのは彼らの仕事だよ」エクレストンは、シンガポールでこのように語り、さらに続けた。

「すべて順調で準備が整っていたが、(世界的な金融)危機がきて、銀行が手を引いてしまった」

「(期限は)9月末だったが、少し延長できると思う。2日か3日くらいだな。10月3日(土)までは待てるだろう」

もしドニントンが来年のF1開催へ向けた準備を整えられない場合、来年もシルバーストンでイギリスGPが開催されることになるとエクレストンは語っていた。

またエクレストンは24日に、アメリカがF1カレンダーに復帰すること、特にニューヨークでの市街地レースを希望しているとして、次のように話した。

「マンハッタンがいい。それが実現できるかどうか決まったときには発表するよ。シンガポールもレースはできないと言われていたからね」