F1

シンガポール、事件の関係を否定

投稿日:

シンガポール政府の高官は、モータースポーツとスポーツの歴史の中でほぼ間違いなく人を欺いた最悪な例となっている事件と、シンガポールのかかわりを否定した。

ルノーの2人の首脳陣(フラビオ・ブリアトーレ、パット・シモンズ)がこのスキャンダルによってチームを離れた。それは、昨年のシンガポールGPでフェルナンド・アロンソ(ルノー)が優勝できるようにするために、ネルソン・ピケJr.(元ルノー)に故意にクラッシュさせた。ピケJr.自身がクラッシュを喫したときのことをFIA(国際自動車連盟)に話したことに起因する。

貿易産業大臣のイスワラン氏は、メディアに対して「専門家から聞いて私が理解していることから考えると、これは本当に特別なチームの戦略などであり、開催地についてコメントするようなことではない」と語り、次のように続けた。

「だから、私はシンガポールには特に衝撃を受けたりしないと考えている。これは本当にFIAとチーム間の問題だよ」

さらに今週、来週末、収容人数85,000人に及ぶマリーナ・ベイ・サーキットで開催される、2度目のシンガポールGPの全チケットの90%が売り切れたことが明らかになった。

インドネシアで起きた火災によって、シンガポールを煙が覆っているとの報道もあるが、F1サーカスが来週到着したときにもまだその煙は残っていると見られている。

イスワラン氏は、「安全面と、もやの状況(のため、レースへの)による衝撃については、FIAが取るべき決断だから、私たちは彼らの手にゆだねるよ」とコメントした。

また、政府の警戒及び健康注意報が必要になるかもしれないと認めている。

-F1
-, , ,

Copyright© tntechteam , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.