サッカーチームACミランの副会長アドリアーノ・ガッリアーニは、個人的な友人であるフラビオ・ブリアトーレがルノーチームを離脱した件について、「立派な行動」だと語った。

「5分前にもブリアトーレと話した」ガッリアーニはイタリアの『Sky Sport 24(スカイ・スポーツ24)』に対し、このように話した。ブリアトーレは、”クラッシュゲート”事件を巡り、ルノーのマネジングディレクターを辞職している。

国際メディアはこのニュースを、ブリアトーレが疑惑への関与を事実上認めたものだと解釈している。2008年のシンガポールGPでネルソン・ピケJr.(元ルノー)が故意にクラッシュし、それにブリアトーレも関与していたことが疑われているが、ブリアトーレは当初、疑惑への関与を否定していた。

だがガッリアーニは、次のように語っている。

「彼は何も(誤ったことを)していないと思う。彼はチームと多くの職を守るために今回の決断を下した」

「彼はルノーを多くの問題から救うため、立派な行動を取ったのだよ」

『Mirror(ミラー)』紙には、ブリアトーレ自身のコメントが掲載された。

「私はチームを救おうとしただけだ。それが私の義務だからな。それが辞めた理由だ」