フェラーリ フェルナンド・アロンソ

アロンソ、フェラーリ移籍は「100%」ではない

投稿日:

フェルナンド・アロンソ(ルノー)は、近い将来のフェラーリ移籍について、「100%」 確実ではないと語った。

アロンソは『La Gazzetta dello Sport(ガゼッタ・デロ・スポルト)』紙から、イタリアのファンはすでに、アロンソがフェラーリの次期ドライバーだと見ているとことを伝えられた。

「それについては、まだ100%確実ではないよ。まだやらなければならないことがあるからね」イタリアGPの期間中、アロンソはこのように答えていた。

フェラーリは、契約が1年残っているキミ・ライコネン(フェラーリ)との契約を解除するために、金銭面での交渉をマネジャーと続けているとみられている。

頭部に重傷を負ったフェリペ・マッサ(フェラーリ)が来年3月のF1復帰を目指していながら、まだ一度もドライブできていないことかも、状況を複雑化させている。

一方で、アロンソは注意深く言葉を選んでいるものの、フェラーリへの移籍を望んでいることは明らかだ。

ルイス・ハミルトン(マクラーレン)はモンツァでイタリアのメディアに対し、アロンソの運転するフェラーリと戦いたいと語っているが、アロンソはその後こう答えていた。

「いいね。受けてたつよ」

-フェラーリ, フェルナンド・アロンソ
-,

Copyright© tntechteam , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.