ニコ・ヒュルケンベルグ

GP2王者、2010年F1昇格を狙う

投稿日:

先週末のモンツァ・ラウンドでGP2の今季選手権を制した、ニコ・ヒュルケンベルグ。タイトル獲得で、来季F1昇格は決まったも同然と自信満々だ。

ヒュルケンベルグはドイツ『Sport Bild(シュポルト・ビルト)』紙に対して、「そう願っているし、十分な活躍をしたと思う」と語った。また、ドイツ『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』誌には、次のように話している。「見通しは良いよ」

確かに将来は有望だ。ヒュルケンベルグはウィリアムズのテストドライバーであり、チームには2010年レースシートについてのオプションがある。しかも、F1史上もっとも成功したマネジャーと言われるウィリー・ウェバーもバックについている。

「われわれは数チームと交渉している。オプションがあるのは、ウィリアムズだ」と、ドイツの『DPA』通信に話すウェバー。

「ウィリアムズにはすごく良い印象を持っている。喜んでチームに残るよ」と言うのは、ヒュルケンベルグだ。

その上、GP2タイトルはF1昇格に大きな武器となる。2005年のシリーズ創設以来、チャンピオンとしてF1にステップアップしなかったのは昨年のジョルジオ・パンターノだけだ。

ヒュルケンベルグの戦績は、まさに申し分ない。フォーミュラBMW、A1GP、ザントフールトで開かれたF3マスターズ、ヨーロッパF3など、2005年からあらゆるカテゴリーでタイトルを収め、ビッグレースに勝利している。フランク・ウィリアムズ卿(チーム代表/ウィリアムズ)も以前、「ニコ(ヒュルケンベルグ)はF1に上がる準備が整っている」と話していた。

だが、今季GP2の競争レベルに口を差し挟む者もいる。

ポイント上位にいたロメ・グロジャンはルノーに呼ばれてシーズン途中でF1に行き、残ったライバルはビタリー・ペトロフだけとなった。ペトロフには、ただの資金豊富なロシア人ドライバーという評判がある事も事実だ。

ヒュルケンベルグは言う。「ペトロフは非常に優れたドライバーだよ。とても努力しているしね。レースに対する姿勢は真剣そのものだ。彼の事はとても尊敬している」

ペトロフは、カンポスと2010年の話し合いを行っているようだ。だがペトロフは、新興チームとは一切交渉した事がないとヒュルケンベルグが明らかにした。

今後の方向性は、いつごろ定まるのだろうか。ヒュルケンベルグは、「今後数週のうちに決まればと思っている」と締めくくった。

-ニコ・ヒュルケンベルグ
-

Copyright© tntechteam , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.