ルノー

ルノーはレースの不正を認める

投稿日:

さまざまなメディアは16日(水)、ルノーによって発表された短い声明の行間まで読んでいるようだ。

チーム代表のフラビオ・ブリアトーレとエンジニアリング部門エグゼクティブディレクターのパット・シモンズが、“チームを離れ”、ルノーは、アクシデントを装うことで、2008年のシンガポールGPの結果を操作するために、彼らが元ドライバーのネルソン・ピケJr.とともに共謀したとされる主張には“反論しないつもりだ”と語っている。

ドイツの『DPA』通信は、チームは今月21日(月)の世界モータースポーツ評議会で行われる聴聞会の前に、“事実上、レースの不正を認めた”と伝えている。

パリで開かれる評議会には、チームの資格はく奪も含め、さまざまなペナルティーを科す権力がある。

イギリスの『the Daily Telegraph(デイリー・テレグラフ)』紙が、「ルノーはほぼ確実に寛大な措置の嘆願をするであろう。彼らは2人のドライバーの行為がチームの約700人に及ぶスタッフに影響するべきでないと主張するからだ」と書きたてた。

『The Times(タイムズ)』紙もその主張に賛成のようだ。「罪を認め、共謀者を排除することで、FIAはその嘆願を受け入れるだろう。ルノーはこの件を解明するためにうまくやってきた」としている。

さらに『the Daily Telegraph(デイリー・テレグラフ)』紙は、「2人(ブリアトーレとシモンズ)が親会社のルノーSAの権力に落ちたのか、追いやられたのかは明らかではない」とつづっている。

『The Times(タイムズ)』紙のライター、エド・ゴーマンはルノーの罪に対して同じ見解を持ち、16日(水)の出来事が“プロフェッショナルなスポーツの歴史に、事実に対してぞっとする申し立てから、あらかじめ欺くという最悪の例の1つ”となったと説明した。

各通信社でさえ、ルノーの声明について率直に述べている。『Reuters(ロイター)』通信はルノーがレース不正の指示を送ったことを認めたとし、『AFP』通信はチームは“論争の一部を部分的に認めた”と書き、さらに『PA』通信はブリアトーレとシモンズが“権力に落ちた”と報じている。

また、考慮すべきほかの分枝がある。ブリアトーレがバーニー・エクレストンと共同でオーナーを務めているロンドンのサッカークラブ、クイーンズ・パーク・レンジャーズがそうだ。ルノーの反応や評議会の制裁次第では、ルノーのGP2での重要な役割やほかのモータースポーツのカテゴリーにも変化が生じる。

元チーム代表で、オーナーも務めていたエディ・ジョーダンはイギリスのテレビ局『BBC』に対して、「FA(フットボール・アソシエーション)は彼(ブリアトーレ)にクラブを運営させ続けるのだろうか?」と語っている。

また、「普通の人として、これははっきりした事実だと思う。私は驚いているよ」とジョーダンは加え、モータースポーツの何十年にもわたる歴史を振り返り、ドライバーにクラッシュするように指示することは“理解しがたい”ことと説明した。

-ルノー
-

Copyright© tntechteam , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.